おすすめのウイルス対策ソフトについてまとめていきます。

おすすめウイルス対策ソフトメモ

トレンドマイクロ 未分類

ウイルス対策ソフトが原因で応答が遅い場合の対策事項(ウイルスバスター編)

投稿日:

 こんばんわ。
TOMOROHです。

今日は雪のため、会社から危険なので
「早く帰るように」
と指示がでたため、指示に従いさっさと帰ってきました。

さて、今日はウイルスバスターなお話なのですが、その他ウイルス対策ソフトでも関係ありそうなことをあえて書いてみます。

思い立ったのは先日
「ウイルスバスターを入れているとゲームが遅くなる」という書き込みをみたためです。
ウイルス対策ソフトを入れた場合、どのソフトをいれても少なからずディスクアクセスが発生し、遅くなるのは事実のはず。
ESETなどのもともと軽量なソフトウェアであれば影響は少ないかもしれませんが、いきなり特定のセキュリティソフトが悪いというものどうかと思います。

ウイルスバスター2011でもそれなりに応答を早くする方法はないかと考えてみて思いついたこと。

案1:ウイルスバスター2011のリアルタイム検索を止める

案2:別の対策ソフトに乗り換える

案3:設定を変えてみる

とりあえず、案1から
リアルタイム検索を停止した場合、止めている間はチェックがかかりません。これによりネットワーク経由で感染する可能性が残ります。ということで、却下。

で 案2
ウイルスバスターで対策するということが前提なので却下。


最後の案3
これが今回のお題となります。

簡単に言えば、対象のフォルダをリアルタイム検索から除外します。

手順については以下のとおり。

1.ウイルスバスター2011のメイン画面を起動します。
2.設定をクリックします。
3.例外設定をクリックします。
4.追加をクリックし、対象のファイルおよびフォルダを追加します。

これにより、ディスクのIOが低減され、パフォーマンスが改善します。

特に、SQL Serverなどのデータベース系のソフトウェアを導入されている方は、外してみるとパフォーマンスが目に見えて改善するかもしれません。

注意事項としては、
ウイルスチェックがかからなくなるため、信頼できるフォルダのみ追加すること。
※やりすぎるとウイルス対策ソフトの意味をなさなくなります。

参考サイト:
ディスクアクセスが頻繁に発生するサーバ/クライアントにおいて、ウイルスバスター コーポレートエディションのリアルタイム検索によりサーバ/クライアントへ負荷を与える可能性がある問題
(外部サイト)
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2062013.aspx


-トレンドマイクロ, 未分類

Copyright© おすすめウイルス対策ソフトメモ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.