おすすめのウイルス対策ソフトについてまとめていきます。

おすすめウイルス対策ソフトメモ

トレンドマイクロ 未分類

ウイルスバスターのINASOFTの誤検知について

投稿日:

JUGEMテーマ:インターネット

こんばんわ。
TOMOROHです。

タイトルの件についてです。
事前に行っておきますが、
私はトレンドマイクロ関係者ではありません。
ウイルスバスターを利用している1ユーザーに過ぎません。
10年以上トレンド製品を使っており、それなりに不満もありながら致命的な不具合に遭遇することもなかったため、それなりに愛着もあります。

ただ、今回ウイルスバスターを使い始めたころからお世話になっている「すっきりデフラグ」の開発者であるINASOFTの矢吹さんのサイトが誤検知され続けている状況について
さすがに、
「さっさと直せ!」
といいたくなりました。

とはいえ、いうだけなら誰でもできます。
で、自分なりにできることをしてみました。

まず、トレンドマイクロ社のURLフィルタリングの一部にはnetstar社のデータベースを利用していたと思うのでそちらでの判定状況を確認しました。
なお確認したのは本日7月10日です。

まずこちらは、でした。

次に、Webサーバ
ドメインに紐付けされているWebサーバは「Sakuraインターネット」を利用されており、問題があったらまずsakuraインターネットから怒られそうです。

なお

ドメインである
http://www.inasoft.org/
および、
サーバの本体である
www2515.sakura.ne.jp

ともに、aguseで判定してみましたが、という風に見えました。
(なぜかgoogleのみ完了し、その他RBLでの調査が完了しませんが。)

あと残るのは、トレンドマイクロ独自のURLフィルタリングのデータベースが怪しいという判断になります。

こういった事例のために誤検知防止用のホワイトリスト存在するのでは?と思っています。
おそらく、誤検知は新バージョンのリリースや構成変更といった事例だけでなくパターンファイルの更新時に発生しているのでないかと推測中。

そいった過程から考えられるのは、
ホワイトリストのデグレーションと、絶対パスでの登録では?
と勘ぐってしまいます。

なお、MicrosoftのSmartScreenでもダウンロード数が少ないため危険です。とメッセージが出てましたが、まあいいです。

あと、誤検知されたユーザーのURLフィルタリングの設定が気になります。
通常はユーザーで設定できるレベルは3段階。
通常は中。
ユーザーがあえて高にしてたのならわかるのですが。。。
(それでも、だめだと思うけど)


とまあ、素人なり色々考えてみましたがなんだかなぁというのが感想。

今回の件、原因がわかっていないならベータプログラムの対応を1ヶ月延期してでも対応すべき事項だと思うんですよねぇ。
この独自URLフィルタリングの機能はバージョン関係なく機能すると思うんですよ。
となると、全バージョンに影響するコアな部分。
さらに、これに保護されるユーザーって結構多いと思うんです。
さっきログを確認したら、私自身しらない間にこのURLフィルタリングに守られていたこともわかりましたし。
ただ、カテゴリ判別はまだまだ改善の余地があると思いますが。

最後に、inasoftの矢吹さんへ。
正直なんといってよいかわかりません。私自身このブログや自分が運営するサイトが同様の事象が発生したらおそらく更新するようなモチベーションはなくなると思います。
正直独自ドメインを取得し、有償のレンタルサーバを借りているのもおそらくユーザーのためということもあるかと思います。
いち早い問題解決を祈るとともにトレンドマイクロ社の誠意ある対応を期待します。

以上

トレンドマイクロから正式な回答があり、今後改善に向けて、対応していくとのこと。
これで、誤検知の酷さもなくなるのかな?

-トレンドマイクロ, 未分類

Copyright© おすすめウイルス対策ソフトメモ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.