おすすめのウイルス対策ソフトについてまとめていきます。

おすすめウイルス対策ソフトメモ

Windowsソフトウェア トレンドマイクロ 未分類

ウイルスバスター クラウド 11のベータテストの検証結果

投稿日:

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、前回ウイルスバスター クラウド 11のベータテストについて実施しました。
今回気になった点も踏まえ、いくつか記載していきます。

ESET_MEMORY
比較対象として、現在利用しているESETの使用メモリ

WindowsDefender_memory
比較対象として、Windows 10標準のウイルス対策ソフト「Windows Defender」の使用メモリ

競合ソフトの検知
きちんと、ESETを検知しています。

1
ダウンロードデータです。
257MB
結構でかいですね。

VB11_install終了
インストール結果。

FFアドオン
FireFoxに追加されたアドオン。

Trendmicro_memory
今回のウイルスバスター クラウド 11(ベータ版)の使用メモリ

アドオンを選択(IE)
IEのアドオンの選択画面。
相変わらず、3つあるんですね。

ウイルスバスター クラウド 11の新機能

これについては、
ランサムウェアによるファイル暗号化対策。
が目玉ですかね。

ファイルのバックアップをとっておき、万が一ランサムウェアによって暗号化されても復元する機能です。
なお、最近のランサムウェアは管理者権限を使ってなくても、UACを有効にしていても暗号化されてしまうものがあります。
※制限ユーザーの場合は、そのユーザーがアクセスできる範囲に限定されますが。
ネットワークドライブはどうなるでしょうねぇ。

気になった点。

アップデートがうまくいかず、何度も要求されました。
近年のバージョンはこのパターンが多いんですよね。
Windows 10 TH2にアップグレードした時もそうでしたが、無効になってたりと大丈夫なんでしょうか。

また、検証項目も微妙なんですよね。
ベータテストを行うなら、もう少し長い期間を使ってもらうとか、情報収集をもっとするとかやりようはありそうなものなんですが。

とりあえず、製品版がでたら再度検証を行いたいと思います。
そのころにはWindows 10も新バージョンが出てそうですし。

ではでは。

-Windowsソフトウェア, トレンドマイクロ, 未分類

Copyright© おすすめウイルス対策ソフトメモ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.